· 

充電式刈払機(草払機)を使ってみて。


刈払機(草刈機)とは

刈払機 イラスト

その名のごとく、草を刈って払う(除去する)機械です。

以前はエンジン式が主流でしたが、充電式、電源コードから電気を取るタイプなど、色々増えてきました。

それでも、「手間はかかるが、エンジン式が一番刈る力がある」と言う方が多いのが現状です。

エンジン式には混合ガソリンを使用しますが、ホームセンターなどで購入するのは面倒ですよね。また、保管の面からも面倒なので遠慮したいところです。

そこで、私は充電式を選択。メーカーなども、「エンジン式と変わらない出力が出ます。」と広告している商品が有ったからです。

長時間使う方は「エンジン式」なのは変わらないと思いますが、家の周りなど広範囲でない方は、充電式の選択もありではないでしょうか。


充電式にも色々な種類が。

工進 SBC-3625 の内容

こちらは所持しているものですが、ブレードが鉄製の物です。

その他にコード(直径2~3mm)を伸ばし、遠心力で草を切るもの、チップ(プラスチックの1cm幅くらいの板)というものを装着して切るもの。と様々。

用途によるのでしょうが、そのようなピンポイントの商品は求めていなかったので、オールラウンドの鉄製チップソーを選択しました。


刈払機 実際の動画

最速での設定です。

そこまでうるさくないと思います。

 

実際は半分程度の速度でもサクサク切れます。

半分程度の速度でしたら、休み休みの使用で1時間ほどは軽く持ちますね。

充電の残量は4つのLEDでお知らせ。



まとめ

充電器とセットの価格。

工進の商品ですが、

・電圧の違い 

・持ち手の違い

など種類があります。

是非ご自分の気に入った商品を探してみてください。

18Vは後で後悔するかもしれないので、36Vが個人的には良いと思います。

 

とても重宝している商品 充電式刈払機。参考にしてみてください。

 

閲覧ありがとうございました。