· 

付近で見かけたヤモリ・イモリ・トカゲ類


ヤモリ

ホオグロヤモリ

ゴキブリを食べるホオグロヤモリ

良くいるホオグロヤモリ。

普通過ぎ。全然面白くなくてすみません。

ミナミヒラタゴキブリを捕食しているところを載せました。

動きはかなり素早いです。人の気配を感じると、すぐ隠れます。

 

ナキヤモリ属に分類されている鳴くヤモリです。

自宅付近で見つかるヤモリの80%はこのホオグロヤモリです。

 

信じてもらえるか分かりませんが、後ろから捕まえようとしたときに、バク宙した個体がいました。あの時ほど「ビデオを撮っておけば・・・」と後悔したことはありません。

恐らく危険を感じた時、前足に力が入るようです。それがたまたまバク宙になったと思われます。

まぁ実際見ないと信じてもらえないと思いますが。とほほ。

イモムシを食べるホオグロヤモリ

 

こちらもホオグロヤモリ(たぶん)少し模様が入っています。

 

デカい獲物をほおばり過ぎて、呼吸が苦しいらしく、お腹が激しくヒクヒク。

 

後で「おえっ」て感じでリバースしてました。


最近多い黒っぽいヤモリ

ミナミヤモリと思われる個体の写真

マンゴーの木の写真を撮っているときに見つけました。

ほとんど動じず、木になりすましているようです。(バレバレだけど。)

ネットで調べましたが、オキナワヤモリミナミヤモリだと思われます。しかし、素人には区別がつきません。

 

ただ、ホオグロヤモリとは動き・目・模様とだいぶ違うので違う種類なのでしょう。

ミナミヤモリと思われる個体の写真

違う日に見つけた個体。

なんかトカゲなのか、ヤモリなのか分からなくなってきました。

ただ、ホオグロヤモリとは違う事だけは分かります。

上の写真の個体も木が好きなようです。

 

誰かわかる人がいたら教えてほしいです。


イモリ

シリケンイモリ

庭で見つけたシリケンイモリの写真

シリケンイモリです。

芝にいたのでびっくりしました。

動きはノソノソとユーモラスです。

毒があるとの説もあり。微量だとは思いますが手で触るのは避けた方が良いと思います。

お腹が綺麗なオレンジなので、一見の価値あり。

畑近くの水たまり(大雨のあと)に複数泳いでいたとの情報もありました。実際の動画を見せてもらいましたが、直径2mほどの中に10匹以上泳いでました。近辺で孵化したのかもしれませんね。


トカゲ

アオカナヘビ

庭で見つけたカナヘビの写真

カナヘビと言っても、トカゲの仲間

奥さんが撮りました。

 

頭に白い薄皮のようなものが付いていて、大きさからみても生まれたばかりかな?と思わせる個体。

動きも俊敏でなかったです。

「ここはどこだ?」みたいな探り探りの感じでした。

庭で見つけたカナヘビの写真

 

こちらはすでに切尾している個体。

 

思ったよりも動きは素早くはなく、慎重に動く様子。

尻尾を失って警戒しているのでしょうか。

こちらも青みが少ないですが、アオカナヘビと思われる。

 


ヘリグロヒメトカゲ

庭で見つけたヘリグロヒメトカゲの写真

以前にも紹介した個体。

ツヤツヤと光沢があり、見てて「生き物ってすごいな」と思わせる。

 

おとなしい種類なのか、動きが俊敏ではなかったです。

 

今まで1回しか遭遇していません。

 


オキナワキノボリトカゲ

オキナワキノボリトカゲ 写真

奥さんが日中に庭から見つけたオキナワキノボリトカゲ

初めて見ました。

尻尾の緑と黒の縞模様が特徴的です。

 

いるんですねぇ。こんなに近くに。

これ以上大きくなるとちょっと怖いですが、なかなかの見ごたえです。

まさか近くに、こんなトカゲがいるとは思ってなかったので、気づかなかったのでしょう。


クロイワトカゲモドキ

クロイワトカゲモドキ 写真

2018年、海洋博公園のナイトツアーに参加した時に撮った写真。

 

別名:リュウキュウトカゲモドキ。

トカゲモドキとありますが、立派なトカゲです。

県の天然記念物に指定されているので、触ったり捕獲すると罰則があります。うん百万の罰金だったと思います。

見つけてもいじったりしないようにしてください。


まとめ

思ったより色々な種類に遭遇していました。

ただ、イモリ・トカゲ類は頻回遭遇していません。

 

最近ヤスデなども減ったので、その他の生物も減っている印象です。

仕方ないんですが。

これからも見つけた際は、あまりいじったりせずに写真を撮らせてもらおうと思います。

 

閲覧ありがとうございました。

 

その他、沖縄の生物一覧へ