パイナップルについて


パイナップル イラスト

実際に食べたパイナップルの食味や、クラウン(実の上の部分)から植えての成長

記録などをまとめていこうと思います。

 

今まで沖縄で購入し。食べたパイナップルの種類は8種ほど。

これから変わった種類などを食べた際は、レポートを残していこうと思います。

*あくまでも個人的感想です。購入した個体により糖度や熟成度が違う可能性があります。参考までにしてください。 


パイナップル一覧

ピーチパイン
ピーチパイン
サマーゴールド
サマーゴールド
ゴールドバレル
ゴールドバレル

ジュリオスター
ジュリオスター
沖縄17号(サンドルチェ)
沖縄17号(サンドルチェ)
ゆがふ
ゆがふ

ダイヤモンド(金鑚:キンサン)
ダイヤモンド(金鑚:キンサン)
クリームパイン 全体写真
クリームパイン
準備中。


パイナップルの植え込み 2019/07/20

パイナップルの植え込み。2019/08

まずパイナップルの水につけて1~2週間。根っこが生えてきたら、土に植え替え。

土は酸性(赤玉土・鹿沼土)をメインに3割ほど腐葉土を混ぜ込んでいます。

 

パイナップル:土は乾燥気味で。日当たりの良い場所に。

 

根がもう少し増えてきたら12号の鉢の方へ植え替える予定です。

横から新しい芽が出てきたサマーゴールド

購入時に葉の中心を切られていた「サマーゴールド」。

とても成長できないと思いつつ、他のパイナップルと同様に様子を見ていましたが、まさか横から新しい葉が生えてくるとは!

 

食べたパイナップルの中で一番好きだった種類。

だいたい3年後ですが、とても楽しみです。

 


露地栽培よりハウス栽培が良い

沖縄県農業研究センター 調べ

沖縄県農業研究センター調べによると、ハウスにすることで

「1か月程度収穫が前進化する」

「果実重が重く、緑熟果・裂果の発生が少なく商品化率が高まる」

とわかっています。

 

しかし、個人ですのでハウスにする労力まではかけずに行っています。


2021/01/16 植え込み後、約1年半

パイナップル:植え込みから一年半。 
植え込みから一年半。その1
パイナップル:植え込みから一年半。 
植え込みから一年半。その2 

12号の鉢に7つ植えています。結構葉っぱが広がって来ていますね。

どれがどの品種か、すでに分からなくなってますが・・

 

冬なので葉っぱに元気ないですが、枯れるほどではないです。


2021/3/20 追記

2021/03/20 パイナップルが結実
2021/03/20 パイナップルが結実

ただただ、ビックリ。実が成ってるじゃありませんか!

良く見たら、他のパイナップルも。

現在、3種の実を確認。

 

今年は食べられるかもですね~。



自宅にて、パイナップルの収穫 2021/7

ゴールドバレル(たぶん)

庭で栽培したゴールドバレル

真ん中に、鳥につっつかれた穴が有ります。

その後は網で防ぎました。

穴も塞がって、飲食に影響は無かったです。

ゴールドバレル 切った状態の写真。

一番大きく育ったパイン。いつ収穫するか悩んでいたんですが、実が横に倒れてきたので、もう成長は終わりかと予想し、切ってみました。

2年で収穫。大きさ・適度な酸味から、ゴールドバレルと予想。

 

糖度:15度とかなり高い。

カラス(?)にツツかれた場所も問題なかったです。

 

かなり満足な出来です。


ピーチパイン(?)

恐らくピーチパイン

脇芽が生えてしまっているので、実に栄養が十分で無いらしく、成長がいまいち。横の倒れてきたので力を入れたら、簡単に折れて収穫できました。

ピーチパイン 切った状態の写真

白い実で、爽やかな香り。

ピーチパインと予想。

小ぶりなので、可食部は少ないです。

2年で収穫。ピーチパイン(?)

パイン特有のピリピリなども無く、爽やかで甘い。

 

何と、糖度17度。

他の脇芽は残していますので、今後どうなるか期待しています。

来年、収穫できたら最高かも。


暫定(クリームパインorサンドルチェ)

収穫したパイナップル その3 全体写真

小ぶりな個体。葉のトゲトゲはかなり少ない。

収穫したパイナップル その3 切断した写真

実がかなり白い。

甘い匂いはそこまで強くない。

さっぱり系。

種類が分からない・・・

これはなんて種類だ?

ハッキリ言って、迷宮入り寸前です。

香りはそうでもない。色は前のピーチパインより白い。

糖度:13~15℃。場所によって違う。

舌のピリピリ感も無し。

実のサクサク感が強いので、サンドルチェか・・・

 

分かる人がいたら教えて欲しい・・・


ダイヤモンドパイン(金鑚)

ダイヤモンドパイン

恐らくダイヤモンドパイン。

表面の凸凹がかなり特徴的。

葉のトゲもかなり少ない品種。

ダイヤモンドパイン 切った写真

果樹も多く、ぬるぬるする感じ。

熟すまで待ちました。

2年で収穫。

糖度:13~14度。

甘味は控えめですが、酸味がほぼなし。ピリピリもありません。

芯は食べようと思えば食べれる感じです。

 

中々良く育ったと思います。