· 

ニューギニアヤリガタリクウズムシ


特定外来生物

沖縄北部にて ニューギニアヤリガタリクウズムシ

まず、特定外来生物とは環境省で指定される。とあります。

 

外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものの中から指定されます。(環境省HPより抜粋)

要は、外来生物の中でも特に環境や生態系に影響が強く懸念される生物。

防除が必要と判断した場合は環境省は法律の下、防除を行うことができる。となっています。

それだけ要注意の生物ってことです。


ニューギニアヤリガタリクウズムシとは?

コウガイビル(→コウガイビルはこちら。)の一種。

コウガイビルと大きく異なる点は、頭部の形が扇形でなく名前の通り槍のように尖っている。

エサはアフリカマイマイなどの軟体生物や虫などの死骸。日本には意図的でなく入ってきた種類です。

コウガイビルと同じく、切れても再生する能力があります。

アフリカマイマイを捕食しているとなると、広東住血線虫を内包している可能性があります。素手での接触は絶対避けてください。

進入防除法として靴を洗ったりすることで防ぐ。国立環境研究所のデータでは塩水での洗浄が効果的と記載されています。

また国際自然保護連合では世界の侵略的外来種ワースト100」に指定されています。


実際にすさまじい生命力を見て驚きました!

ニューギニアヤリガタリクウズムシ 裏側

裏っかえして様子を見ていたら、頭が千切れてしまいました。

その後、死ぬと思ったので放置。

木に登るニューギニアヤリガタリクウズムシ

家内に戻り、特定外来生物だとわかったので30分後に駆除しに様子を見に行くと、先端(頭部)がない状態で、なんと!木に登っていました。


粉末状態の殺虫剤を散布されたニューギニアヤリガタリクウズムシ

乾燥に弱いと思ったので、近くにあったムシコロリアース(粉末)をかけて様子見。

蓋に付いているニューギニアヤリガタリクウズムシ

6時間後に見てみると、なんと!体内から出した粘膜で粉から脱出していました。

ふたを開けたら、また動き始めました。


木酢酢で処理したニューギニアヤリガタリクウズムシ

近くにあった木酢酢(原液)をかけてみました。

木酢酢で死んだニューギニアヤリガタリクウズムシ

10分後、さすがにピクリとも動かなくなりました。

強い酸性で細胞が死んだようです。



まとめ

やはり特定外来生物なだけあって、かなりしつこいです。

切ってもダメ、粉もダメ、挙句の果てには木に登る(気持ち悪い!)。

弱点は塩水と酸性の水って事はわかりました。

 

皆さんもこのような生物がいたら、塩か塩水で対処してください。触ってはいけません!

 

明らかに増殖している様子でしたら役場へ相談するつもりです。役場でも必要があれば防除の義務が課せられています。実際に動いてくれるかは未定ですが。

 

久しぶりに気持ち悪い記事になってしまいました。

 

最後まで閲覧、ありがとうございました。

 

その他、沖縄の生物一覧へ


追記 2日後 塩の効果を実験

ニューギニアヤリガタリクウズムシ

雨後の朝、コンクリートの上にいました。

 

ニューギニアヤリガタリクウズムシ。

 

乾燥して死んでいる個体1体。

生きている個体2匹。

 

早速塩をかけてみました。

 

 

塩で処理後 ニューギニアヤリガタリクウズムシ

塩のかかっていない部分が動いていましたが、缶をゆすって塩が全体に付くようにしました。

 

即効で動かなくなりました。

時間的に1分もかかっていないと思います。

 

さすが塩。浸透圧で細胞中の水を引っ張って脱水したと思われます。

皆さんも見つけた際は、塩での退治を一考ください。

 

↓実際に塩で駆除した時の動画。

2019/04/29

別の日に改めて撮影。

ピントがズレていてすみません。

 

塩を缶に入れた状態で振ってみました。

小さい個体なら、かなり即効性があります。

 

デジカメでの撮影は限界を感じる・・・

ビデオカメラの購入検討中。



追記 2019年4月末日。 遭遇多し

ニューギニアヤリガタリクウズムシとコウガイビルを塩にて駆除

雨が続いたためか、ニューギニアヤリガタリクウズムシが増えています。

 

エサとなるカタツムリなどを駆除しないますます増えるかもしれません。

 

写真は雨後の朝に見つけた生体。ニューギニアヤリガタリクウズムシ×5と コウガイビル×1です。

 

すでに塩で処理済みです。

コウガイビルも問題なく駆除できるようです。

 


興味がある人だけ 動画です

発見した時。

木から缶に移した時の動画。頭が千切れています。