· 

洗車用スノーフォームランス購入


前回、フォームノズルがいまいちだったので・・・

ケルヒャー用スノーフォームランス
ケルヒャー用スノーフォームランス

前回、ケルヒャー購入時に付属されていた300mlフォームノズルを使ってみて、

「泡がいまいちだなぁ」

「洗剤を薄めるのが面倒~」

「容量が小さいからすぐ無くなるぅ」

と思ってました。

 

amazonで探したところ、スノーフォームランス(容量=1リットル)なるものがあるのでノズル(合わなかったら最悪!)に注意しながら購入。

早速使用してみました。


まず、自宅のケルヒャーとの相性は

ノズルは問題なくハマり、ひと安心。

私が購入したのはジャパネットで販売していたJTKサイレントというタイプになります。

 

amazonで売っているスノーフォームランスの種類は沢山あり、ノズルの形も値段も様々です。

レビューに「ノズルが合わなかった」との残念な意見もありますので、注意してください。合わなかったら、ただのガラクタですから。

 

レビューが無い商品で不安はありましたが、値段が安くタンクの容量が多いものを納得した上で選択しました。


使用感は

まずケルヒャーの電源を入れて放水。

そして気になっていた2か所のねじれる部分をねじってみました。

①赤い先端部分をねじることで水放出の広角調節ができました。

②上の調節ねじで放出する洗剤の量が調節できました。

 

①の様子↓

一直線な放水。

真っすぐそのまま。

30度くらい広角にして放水。

ちょっと広角。このくらいが良さそう。

180度に近い状態での放水。

これはやり過ぎかな。でも、ここまで広がります。



②の様子↓ セントラル浄水器の箱にかけて実証。

洗剤多めの泡

かなり細かい泡が出てます。

水分量が多めの泡。

少しねじって、水が多めになった状態。



スノーフォームランスを購入して

値段も¥2000と少し。

これは買って大正解ですね。あとは耐久性次第です。

 

ケルヒャーのフォームノズルはお蔵行き決定となりました。


ついでに、ワックスINシャンプーで洗車

車体に洗剤をかけた状態

前回、奥さんは洗車後に蕁麻疹が出てしまったので、今回は大事を取って休憩です。(→詳細はこちら

上の②の結果から、薄めずにフォームランスへ原液(シュアラスターワックスIN)を入れ、ノズルにて洗剤の濃さを調節しました。

薄めずに済むので楽ちんです。

 

良いですね。ケルヒャーのフォームノズルより細かい泡が出ています。

細かい泡が長く保たれるので、スポンジでの洗車も前みたく焦らずに済みました。


洗車後

洗車直後の水滴

高圧洗浄機での洗車直後です。

車体を流れる水

少し水をかけてみましたが、撥水が効いていますね。

窓にワックスがかかっている

ガラス部分もボディー同様の洗い方で撥水できているようです。



今回の洗車終了。

スノーフォームノズルは便利の一言でした。

洗剤の減りはねじりの調節次第だと思いますが、中途半端な泡で洗うよりはフワフワの泡のほうが車体への負担も少ないので、安心して洗えました。

 

皆さんも、ぜひスノーフォームランスを使ってみて下さいね。

 

自宅いろいろ一覧は→こちら。


スノーフォームランス

↑残念ながら在庫切れが続いています・・・

類似商品から選んでください。

カーシャンプー1000

カーシャンプーワックスIN

ウォッシングスポンジ